お金を返せない場合の解決法

お金を返せない場合の解決法

お金を返せない場合の解決法

カードローンなどは担保なしでお金を借り入れることが出来る、手軽で便利なサービスですが、しっかりとした返済計画を立てないと決して金利が安い融資ではないので、返せなくなってしまう場合があります。

 

返済が苦しくなってきた場合は、まずお金を借り入れた金融機関に相談するという方法があります。きちんと返せるようになるまでは、利息の分だけを返済するなどといった方法を提案してもらえる場合もあります。しかし、そのような方法を選んでもお金を返しきれなくなってしまった場合は、弁護士などに相談して、債務整理などの法的手段を取ることになります。

 

債務整理には返済能力や、債務の金額によって、任意整理や自己破産、個人再生などといった様々な方法があります。債務額がまだ少なく、返済能力にもまだ余力が僅かに残されている場合は、裁判所を介さずに手続きが出来る任意整理の手続きを取ることになります。任意整理を行うと三年間を目安に、返せる範囲の金額を返済していくことになります。

 

債務額が膨らんで、到底全てのお金を返しきれないような場合は自己破産の宣告をすることになる場合があります。自己破産をすると、借りていたお金は返さなくてもよくなりますが、二十万円以上の価値がある財産は差し押さえられてしまいます。また、自己破産をした事実は官報という国の広報誌に掲載されることになり、情報が残ってしまうことになります。

 

お金を借りる場合は返済計画をしっかり立てて、これらの手段を取らなくても完済できるようにすることが重要です。

 

◎金融関係サイトのリンク集

 

おすすめのクレジットカード比較 お金がない時のブランド品 買取査定 車を高く売る方法

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ